メニュー

通信講座ランキング

通関士とは?

通関士資格は「貿易実務のプロフェッショナル」の証

通関士試験合格を目指す皆さんであれば、すでに「通関士とは何か」についてはよくご存知でしょうか。
しかしながら、中には「漠然としたイメージだけの認識」「何となく取得しておくと良いかなと思ったので試験を受けることにした」等、具体的な通関士像を描くことができないまま試験対策に突入される方もいらっしゃるかもしれません。
通関士とは一体どんな資格なのでしょうか。通関士試験対策に臨まれる前に、知っておくべきポイントをご紹介します。

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s


国際物流の手続き関係を一手に担う、貿易業務の専門家


通関士の仕事は、大きく分けて下記の2種に分けることができます。
・ 輸出入関連の申告書類の内容を確認する
・ 輸出入業者の代理として税関に対する輸出入の申告業務をする

(参照:http://www.kanzei.or.jp/tsukanshi/alacarte/work.htm

ひと口で言えば、“輸出入業務に関連する手続を専門に扱うエキスパート”。
「貿易なんて、私の生活には関係ないし」と思っている方もいますが、今日、身の回りのモノから木材や鉄鋼等の大きなモノまで、私たちの生活はその大部分を貿易に依存している状況を鑑みれば、誰もそんなことは言えません。
よって、通関士試験合格後に期待される通関士としての実務は “人々の生活を支える影の仕事人”的な役割であると言っても過言ではないでしょう。


貿易関連会社だけではない、多種多様な通関士の活躍の場


通関士試験合格を目指す皆さんにとって、資格取得後、どのような場で活躍できるのかは、大いに関心のあるところだと思います。
通関業務に深く関わる通関士ということで、真っ先に思い浮かぶのは「通関業者」への就職でしょう。
具体的には倉庫業、運送業、航空会社など、それぞれの専門業務に加えて通関業務も兼業する業種がそれに当たります。
これら通関業者への就職にあたり、通関士試験に合格した有資格者は優先的に採用されるケースは多々あります。
通関業の専門家として実務経験を積みたいのであれば、通関業者への就職をチェックされるのが良いと思います。

加えて、貿易会社や商社、あるいは輸出入品を多く扱うメーカーなど、貿易業をメインに扱う企業においても、通関士試験合格者が求められています。
直接的に通関業務に携わらずとも、通関士試験合格レベルの知識は実務上あらゆる場面で求められるもの。 実際、商社等では社員向けに通関士資格取得を奨励しているケースも見受けられます。

昨今、「資格を仕事につなげるのは厳しい時代」と言われることも多いですが、少なくとも通関士については常に需要が高く、加えて海外とのモノのやりとりはますます増加傾向にあるため、今後も一層のニーズが見込めるはずです。
安心して通関士を目指しましょう!